あなたは何のために生きているか答えられますか?

価値観人生観
まさきち
まさきち

君はなのために生きているか考えたことある?

だるワンコ
だるワンコ

ちゃんとはないかな。

今回の記事ではあなたの人生の目的を明らかにします。

具体的には大事にしている価値観を心のおくから取り出し、人生を楽しむために行動をしましょうという内容です。

 

人生を楽しく生きるにはゴールを知ることが大事

究極の結論は楽しい人生を過ごすことが目的だと思っています。

しかし、人生はそううまく行きませんよね。

毎日会社に行かなきゃいけませんし、時には取引先に怒られ、土日はぐったり過ごし、また憂鬱な月曜日、彼氏がなかなかできなかったり、子育てがうまくいかなかったり、、

例えば好きな人と家族になり、お金もそこそこあり、仕事も午前中だけで終わる人生だったらいいのにという理想があるのではないでしょうか。

そのようにぼんやりとしたゴールをはっきりさせてそこに近づくことが大事です。

例えばお医者さんになりたいというゴールがあるなら、医大に入るために勉強をしますよね?

それと同じで人生においてやりたいことが誰しもあるはずです。

人生を楽しく生きることにはコツがある

人生を楽しく生きるにはちょっとしたコツがあります。

それは、以下の2つを知ることです。

①価値観は皆違うということ

②他人はなかなか変えられないということです。

人が何にストレスを感じ、何に喜びを感じるかは大人になる前にで決まってしまいます。

その価値観を知れば、自分のやりたいことが見えてきて、楽しく人生を過ごすことができます。

価値観は人によって違う

あなたが大事にしている価値観を5個教えてくださいと言われて答えられますか?

例えば、家族を一番大事にしたい、健康第一にしたい、何かの目標を追いかけたい様々な価値観があります。

自分の価値観を常に考えている人は少ないでしょう。

そして価値観は人によって大きく異なります。

人前でしゃべりたい人もいれば、誰かに教えることに喜びを感じる人もいます。

孤独が好きな人もいれば、大人数が好きな人もいます。

 

 

自分の価値観を考えてみよう

何もないところから自分の価値観を考えるのは難しいです。

daigoさんの価値観リストを参考に自分の価値観を考えていく方法を紹介していきます。

以下に80個の価値観のリストがあります。

この中で自分が大事だなと思っているとを絞っていく必要があります。

 

価値観のリスト

受容:ありのままの自分を受け入れてもらう

正確:自分の意見や信念正しく伝える

達成:なにか重要なことを達成する

冒険:新しくてワクワクする体験をする

魅力:身体的な魅力を保つ

権威:他者に対して責任を持って指導する

自治:人まかせにしないで自分で決める

美的:身のまわりの美しいものを味わう

庇護:他者のめんどうをみる

挑戦:難しい仕事や問題に取り組む

変化:変化に富んだバラエティ豊かな人生を送る

快適:喜びに満ちた快適な人生を送る

誓約:絶対に破れない約束や近いを結ぶ

慈愛:他者を心配して助ける

貢献:世界の役に立つことをする

協調:他者と強力して何かをする

礼儀:他者に対して誠実で礼儀正しく接する

創造:新しくて斬新なアイデアを生む

信頼:信用があって頼れる人間になる

義務:自分の義務と責任を果たす

調和:周囲の環境と調和しながら生きる

興奮:スリルと刺激に満ちた人生を送る

貞節:パートナーにウソをつかず誠実に生きる

名声:有名になって存在を認めれる

家族:幸福で愛に満ちた家庭を作る

体力:丈夫で強い身体を保つ

柔軟:新たな環境にも簡単になじむ

許し:他人を許しながら生きる

友情:親密で助け合える友人を作る

愉楽:遊んで楽しむこと

寛大:自分の物を他人にあたえる

真実:自分が正しいと思うとおりに行動する

信教:自分を超えた存在の意思を考える

成長:変化と成長を維持する

健康:健やかで体調よく生きる

有益:他人の役に立つこと

正直:ウソをつかず正直に生きる

希望:ポジティブで楽観的に生きる

謙遜:地味で控えめに生きる

笑い:人生や世界のユーモラスな側面を見る

独立:他者に依存しないで生きる

勤勉:自分の仕事に一生懸命取り組む

平安:自分の内面の平和を維持する

親密:プライベートな体験を他人とシェアする

正義:すべての人を公平に扱う

知識:価値ある知識を学ぶ、または生み出す

余暇:自分の時間をリラックスして楽しむ

寵愛:親しい人から愛される

愛慕:誰かに愛をあたえる

熟達:いつもの仕事・作業に習熟する

現在:いまの瞬間に集中して生きる

適度:過剰を避けてほどよいところを探す

単婚:唯一の愛し合える相手を見つける

反抗:権威やルールに疑問を持って挑む

配慮:他人を心づかって世話すること

開放:新たな体験、発想、選択肢に心を開く

秩序:整理されて秩序のある人生を送る

情熱:なんらかの発想、活動、人々に深い感情を抱く

快楽:良い気分になること

人気:多くの人に好かれる

権力:他人をコントロールする

目的:人生の意味を方向性を定める

合理:理性と論理に従う

現実:現実的、実践的にふるまう

責任:責任をもって行動する

危険:リスクを取ってチャンスを手に入れる

恋愛:興奮して燃えるような恋をする

安全:安心感を得る

受諾:ありのままの自分を受け入れる

自制:自分の行動を自分でコントロールする

自尊:自分に自信を持つ

自知:自分について深い理解を持つ

献身:誰かに奉仕する

性愛:活動的で満足のいく性生活を送る

単純:シンプルでミニマルな暮らしをする

孤独:他人から離れて1人でいられる時間と空間を持つ

精神:精神的に成長し成熟する

安定:いつも一定して変化のない人生を送る

寛容:自分と違う存在を尊重して受け入れる

伝統:過去から受け継がれてきたパターンを尊重する

具体的な手順

この上記の80のリストをまずはカード形式にします。

価値観リスト

紙に書いて カードにすることでよりフラットに考えることができます。

そしてこの価値観に共感するかどうかを判断して〇と×に分類します。

この時点で迷ったら〇にしていくと半分くらい残ると思います。

それを何度か繰り返し、10枚まで減らしていく作業です。

価値観リスト2

最終的に10枚になったらその10枚のの順位付けをします。

カードを上から並べることでより比較しやすくなります。

こうして出来上がったものがあなたが大切にしている価値観です。

なぜそれがその順位になったかを考える

順位をつける過程でいろんな葛藤があったはずです。

例えば、健康と恋愛どっちかといわれたときに、例え早く死んでも誰かを愛していたいと思うかもしれませんし、逆に早死にするくらいなら恋愛はほどほどにと思うかもしれません。

その葛藤が自分の心との会話です。

順位をつけた後はなぜその順位になったのかを考えてみましょう。

 

価値観の作られ方

なぜを考えていくと、以下の記憶に紐づけられていることがあります。

・自分が幼いころにどのように育てられたか

・自分の尊敬する人はどんな人か?なぜ?

・自分の尊敬できない先輩や上司は?なぜ?

・自分が子供や後輩に教えたいことはなんですか?そればなぜですか?

 

例えば達成を大事にしている人は、学生の頃に何か打ち込んで優勝した経験があったり、自分の尊敬する人が、何かを達成しているかもしれません。

今まで生きていた中で自然と価値観は出来上がります。

上記の4項目も考えてみましょう。

価値観に沿った人生を生きるために

ここまでで自分の大事にしている価値観については理解できたのではないでしょうか。

では続いて自分の取り巻く環境と、理想の自分を比べてみます。

理想の生き方

例えば家族の価値観がある人でこのような状況な人はいますよね。

自分の価値観を大事にしたいなら、例えば原因になっている、仕事を変えるのか、早くできるように熟練するのか、様々な方法があります。

このように価値観にあった理想の生き方になるように行動をすることが大事です。

 

仮に今の自分が理想の姿ではなくても、いつか理想の姿になるために行動しているのならばOKです。

 

人生でやりたいことリスト

最後に人生でやりたいことリストについて話していきます。

自分がなりたい姿とは別に、人生でやりたいことというのはあるはずです。

例えば世界1周してみたい、アパレルブランドを買ってみたい、ミラコスタに泊まってみたい、オーロラを見てみたい。

このリストを考えておくのも価値観と同じで役に立ちます。

※両さんから参考にしております。

今回の記事が皆様の参考になれば幸いです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました