節約方法6選 初期資金を集めるための方法

節約

 

節約した成果がなかなかでないわね

なにから手を付けたらいいのかしら。

こんにちは、まさきちです。

今回の記事ではアーリーリタイアを目指すうえで最初に必要になる資本。

そんな資本をいかにためていくかという話をします。

またこの考え方はお金に余裕があるようになっても継続している人が多く、節約ができない金持ちはいないと思います。

方法だけ知りたい方は目次からとんでください。

 

 

 

節約の前に今なににお金を払っているか知ろう

節約を始める前に、まずは、何のために節約をするか思いだしてみましょう。

目的を明確にすることで継続できます。

・このブログの読者であれば、副業前の資金作りでしょうか。

・欲しいものがありお金を貯めたい

・日頃の生活を楽にしたい

皆さん自分の頭で考えてみましょう。

 

 

 

続いて、現状どの項目でお金を使っているのかを知りましょう。

2,000円のものを1,000円にするより、10,000円のものを1,000円にする方が効果は高いですよね?

といっても毎月何にいくら使っているかわからない、、

そういう方は以下の記事を参考にしてみてください。

節約の初めは自分の財務状況を洗うことがスタート

大きく削減できる項目としては、以下になります。

・通信費

・住居費

・サブスクリプション

・食費(外食費)

・美容代

人によってはもっと削減できることがあると思いますので各々調べてみてください。

 

 

通信費

では通信費からです。

通信費として挙げられるのはスマートフォンと、自宅のインターネット環境です。

それぞれ解説していきます。

まずは結論からお伝えすると、スマートフォンは格安SIMに乗り換えましょう。

現在大手3キャリアを使っている人は、UQモバイルか、ワイモバイルにするのが良いでしょう。

理由が知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

通信費の節約の結論

 

続いてネットワーク回線ですが、関東近郊のかたはニューロ光です。

ニューロ光が対象外の型はスマート光です。

理由についてはこちらで語ってますので気になる人はみてください。

通信費の節約の結論

※理解しても頭がよくなるわけではないので、時間が持ったないないという方は見なくて大丈夫です。

 

サブスクリプション

続いてサブスクリプションです。

サブスクリプションは商品ごとに買うのではなく、月額費を払って使い放題にできるサービスです。

まずは今どのサブスクリプションに入っているか確認をしましょう。

具体的には、スポーツジム、Amazon prime、spotify、hulu、netflix……あげたらきりがないですね。

今一度どのサービスを使っているか確認しましょう。

仮にやめたとしてもまた加入すればよいのです。

目安としては、ここ一ヶ月使ったことがないということであれば、一度解約してもいいと思います。

詳しくはこちらの記事を見てみてください。

サブスクリプションの罠 月謝制の洗脳商法の話

食費

続いて食費です。

食費についてはやってはいけないことと例を話します。

 

基本的には食費を節約しすぎるのは良くないです。

粗悪なものを食べると、体調が悪くなり余計なお金がかかったり、仕事のやる気がなくなってしまいます。

【やってはいけないこと】

・コンビニ飯

・ファストフード

・加工食品

・血糖値が急速に上がる食べ物

 

また私は朝食抜きの12時に1食、19時に1食の計2食を推奨しております。

※子供は除く

あくまでも健康的な食事ということで、加工食品を避けた形で野菜多めで食事をします。

自炊の作り置きをおすすめしますが、作るのがどうしてもという方は大戸屋でバジルチキン定食を食べてもいいと思います。

詳細はこちら

食費の節約の結論

コーヒー

番外編としてコーヒーが好きな方はこちらの記事をどうぞ。

コーヒー コスパ最強で健康によく飲む方法とは

コーヒーは自家焙煎が最もお得です。

 

美容代

続いて美容代についてです。

基本的に美容代は散髪を指します。

こちらは回答は一択でminimoを使いましょう。

男性であれば1000円カットでもいいかもしれませんね。

記事はこちらです。

美容代にお金をかける意義

家賃

住居は固定費のうち大きな割合を占めているです。

見直す内容としては以下の3つです。

・今の家賃は適正かどうか。

・転居する場合どう探したらよいか

・初期費用や退去費用をなるべく払わない

 

家賃についてです。

家賃は給与の何%がいいかという話はよく出てきます。

目安は30%ですが、あまりお金をもらっても節約し続けることは大事です。

手取りが20万と想定してみると、6万円で探せるのが目安です。

しかし住む地域によっても違うのでそこは柔軟に考えましょう。

賃貸はエリアと、駅からの距離と、築年数、構造でほとんど決まります。

ストレスなく生活するために鉄筋構造、駅から遠すぎないことは必須です。

近くにスーパーなどあればなお良いです。

逆に築年数はある程度古いものでも妥協してリフォーム済みのものを選ぶと良いでしょう。

詳しくは下記の記事を読んで下さい。

 

日用品の購入

最後に日用品の購入です。

かなりふわっとしていますが、皆さんがAmazonや、ニトリ、ヤマダ電機、様々な通販で買うものです。

これらのものは、グローバル化が進み、多くは労働力の安い国(東南アジア)で作られているものが多いです。

それを直接買えたらいいですよね?

結論としてはAliexpressです。

こちらは中国の工場で作った商品の卸サイトと思っていただければと思います。

少し癖も強いので利用したい人は下記の記事をみてください。

日用品の購入はAliexpressで買うとQOLが爆上がり

コメント

タイトルとURLをコピーしました