アーリーリタイアにはいくら資金が必要?準備の方法まとめ

アーリーリタイア いくらFIRE アーリーリタイア

 

アーリーリタイアするにはいくら必要なのでしょうか。

1億?5000?3000万?

諸説ありますが、その人の環境によって大きく変わります。

本日はパターン別にそれぞれいくらなのか話していきます。

 

アーリーリタイアはいくらあればできる??

アーリーリタイアとは早期退職のことで、サラリーマンを定年前に退職し自由に暮らすことです。

憧れのアーリーリタイア、いくらあればできるのでしょうか。

具体的な金額がわかってれば目指しやすいです。

必要金額は以下の公式で成り立ちます。

必要金額=1年間の支出×25年分

※年利4%の株式投資で運用を想定

この数字はあくまで暫定的なもので個人の環境によって変わってきます。

【アーリーリタイア いくら】メリットとデメリットを考える

アーリーリタイアにメリットとデメリットがあります。

具体的には自由な時間が取れること、人間関係に悩まされないことなどですね。

デメリットとしては、収入がなくなったり、社会的信用がなくなります。

特に収入がなくなるという点について、いくら貯めてからリタイアするのか大きデメリットになります。

 

【アーリーリタイア いくら】資金をあつめる方法は?

アーリーリタイアをするためにはいくつ方法があります。

こちらのブログでは一貫して、投資副業を推奨しております。

その方法が最も再現性が高くアーリーリタイアに近づきやすいからです。

そして、投資奥が深すぎます、王道の方法でインデックス長期投資をしつつ、それ以上の労力はかけないこと。

そして、副業にコミットすることが大事です。

たしかに複利の力は偉大ですが、種銭がなければ、複利の恩恵は得られません。

 

アーリーリタイアはいくらあれば海外移住できる?

アーリーリタイアと聞くと海外移住を想像する人がいます。

ではいくらあれば海外に行けるのでしょうか。

日本よりも物価や労働単価の低い国はたくさんあり、国を選ばなければハードルは低いです。

海外のリゾート地でのんびりしたいということだと話は別で、それこそ1億以上は必要でしょう。

お金の話だけではなく、そこの住み心地という方が大事です。

 

【アーリーリタイア いくら】 準備や計画をしよう

アーリーリタイアする前にはいく有れば良いかを計算する必要があります。

準備金額は人によって大きく異なります。

どのように計算していけばいいのでしょうか。

 

アーリーリタイア後の費用はいくら?

ではいくらかを計算するにあたり、リタイア後生活費が気になると思います。

もちろん、今の生活費の計算はできると思うのですが、それ以外の部分でアーリーリタイアした人ならではの支出は何がかかるのでしょう。

注意しなくてはいけないのは税金です。

今まで会社に払ってもらっていた健康保険と、年金は自分で払うことになります。

また、住民税や所得税もかかります。

この辺りはリタイア前にシミュレーションしてみましょう。

 

【アーリーリタイア いくら】 計画のポイント

アーリーリタイア前の計画のポイントは3つあります。

やることを決める

ここが一番重要です。

リタイア後に何をやりたいのか、そしてどんな日常を送りたいのか。

まずはここを考えましょう。

 

住む場所

住む場所はとても重要です。

やりたいことを決めた後にどこの場所ならできるかを考えます。

日頃の生活費や、住居費用に影響します。

戦略として住居費用のかかりにくい地方都市に住むのがオススメです。

 

かかる費用

そして最後にかかる費用を計算します。

実際にどんなことをして、どこで住むのかが決まれば大体の費用感はでてきます。

そこで初めて自分の生活費を把握できリタイアまでに必要な費用が決まるのです。

 

 

【アーリーリタイア いくら 】パターンでかなり変わる

ではパターン別に分析をしていきます。

まず、パターンとしては以下に分けられます。

独身既婚

独身か既婚か、はたまた将来的には結婚をしたいかで大きく変わります。

年代

10代もいれば、20代、30代、40代、50代までいるでしょう。

男性女性

あえて男性と女性で分けている理由としては、出産適齢期もあり人生の戦略が違うからです。

それぞれのパターンで必要資金、金融資産の目安はどれくらいでしょうか。

補足を入れておくと、年収はあまり関係しません。

1000万円から3000万、5000万や1億という話もありますね。

ではパターン別に見ていきましょう。

 

【アーリーリタイア いくら 】年代で考え方は変わる

まず年齢による分析です。

一般的に、若い方が死ぬまでの期間が長いので不利だと考えがちです。

しかし、若ければ若いほど有利です。

この記事をみた今が一番若いです。

ぜひ今日から意識してみて下さい。

前提として、自分がいつ死ぬかは分からないのに、80歳で死ぬと仮定してそれまでに必要な資金を貯めようとすると失敗をします。

90歳まで生きるかもしれないし、物価も変わる可能性があるからです。

大事なのは、必要な生活資金を作り出す仕組み作るにはいくら必要かということです。

 

20代の場合

おすすめはセミリタイアで、収入を持ちつつ引退です。

20代の場合は年金の想定も忘れ、純粋にいくら自分の支出があり、それ賄えるだけ稼ぎをつくれるかという考え方をします。

そのために、副業をもつか、自身の生活費分の複利得られる金額を貯めることを目標にします。

副業をもちつつ、複利を使うのが最も可能性としては高いでしょう。

30代の場合

30代も基本的には20代同じです。

しかしサラリーマンとして過ごした時間も長くなっているので、事業よりも貯めて投資という方向に重きを置いてもよいでしょう。

40代の場合

40代の場合は場合によっては切り崩していくスタイルも良いでしょう。

年金も視野に入れて、年金がでるまでの年数×1年の支出を貯めて、それを投資せずに切り崩していく方法です。

ただ、まだ定年までは長いので事業はあった方がもちろん安心です。

 

50代の場合

定年までは10年ほどになります。

年間の支出を200万ほどに落とせれば、2000万円ほどでリタイアは可能です。

※切り崩した想定です。

より安心したい場合は3000万程度残して、運用をしつつ、1500万円残ったまま年金を受け取ることもできますね。

 

アーリーリタイア いくら 独身か既婚か

続いて独身か既婚かという問題です。

この2択であれ独身の方が有利です。

しかし1点例外があり、夫婦揃って目標にするということであれば、問題ありません。

むしろ1人だと挫けそうになった時に夫婦で有ればもう少し頑張れるます。

ただ、子供いると少し難易度は上がりますね。

独身40代、独身50代であれば5000あれば問題ないですが、夫婦の場合は1億という金額が必要になってきます。

また既婚の場合はDinks期間に共働きをし目標に進むことが大切です

パートナーに同意を得られなくても、逆にパートナーが働き続けたいということであれば、それはそれ良いですね。

【アーリーリタイア いくら 】性別の考え方

続いて性別についてです。

綺麗事を抜きでいうと、男性の方が有利ですり。

理由は2つあります。

出産の適齢期の点

まずは出産についてです。

出産は一般的に若い方がリスクが少ないため、人生の序盤に結婚を余儀なくされます。

そうなると、サラリーマンとしての給料も上がりにくく、生活コストを上げる結婚が早い段階できてしまうからです。

 

②考え方の違い

男は物事を合理的にとらえ、見栄を気にしないタイプが多いですが、女性は感情的に捉え自分の美しさを大事にします。

あくまで一般論ですが、生活コストを抑えるという点においてはより男性の方が有利です。

結婚というイベントのタイミングを間違わない、もしくはパートナー協力する前提であれこの性別問題は乗り越えられます。

 

【アーリーリタイア いくら】 シミュレーションしてみよう

今回は、いくつかのパターンで紹介しましたが、その人の置かれた状況によって万通りとパターンがあります。

自分の場合のシミュレーションを逃げ切り計算機ですることが大事です。

シミュレーションするには、自分の生活費、年齢、運用率、自分の収入があれば計算できます。

今回の記事が皆様の参考になれば幸いです。

では。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました