アーリーリタイアの失敗と成功 原因から方法を解説します。

アーリーリタイア 失敗FIRE アーリーリタイア
だるワンコ
だるワンコ

あ~ 仕事疲れたしアーリーリタイアさっさとしたいな~

まさきち
まさきち

勢いですると失敗するから計画的にね

だるワンコ
だるワンコ

成功するにはどういしたらいいのよ

こんにちはまさきちです。

本日はアーリーリタイアの失敗事例を紹介して成功するにはどうしたらいいかを解説していきます。

アーリーリタイアを目指しているが不安な人はぜひ参考にしてください。

 

【アーリーリタイア 失敗】 目指す人が増えている

アーリーリタイアを目指している人が最近増えているように感じます。

三菱サラリーマンさんなどが影響しているのではないのでしょうか。

ただ目指している人が多くなっている分失敗する人も増えています。

あーりリタイアやセミリタイアと聞くと一般的には楽しいや、悠々自適だと感じる人も多いかもしれません。

働きたくないと考えている人からすれば最高の環境です。

世界一周をしたり、気の向くままにゴルフをしたり、バックパッカーになったりと妄想するだけでも楽しいです。

ではなぜ失敗する人が出てくるのでしょうか。

いくつか理由があるのですが、そもそもアーリーリタイアが合わない人もいれば、お金が足りなくなった人もいます。

いくつか事例を挙げて失敗しない方法を学んでいきましょう。

アーリーリタイア 失敗】  いくらあれば大丈夫なのか

アーリーリタイアでは資金が足りずに痛い目を見る例が多くあります。

Kさんは35歳でアーリーリタイアをいう夢をみて25歳のころから準備を始めていました。
副業で少し儲けて3000万近くためておりました。
自分の目標とは合致していませんが、3000万あればなんとかなるだろうと思い勢いで退職しました。
5年後40歳になるころ運用をしていないと貯金はみるみるうちに減り、1500万円になりました。
このままいくと45歳までしか持たないと思い、焦って倹約をしましたが、52歳で底をつきアルバイト生活に戻りました。
さてKさんは何がダメだったのでしょうか。
2点あります。
・支出の把握をしていないと
支出は1年で300万使っていたことになるので、計算上25年分である、7500万がないとリタイアの基準には満たなかったことになります。
・運用をしていなかったこと
運用をしていればもう少し緩やかなスピードで資産の減少を食い止めることができたでしょう。

貯金は以下の金額が必要です。

 

必要金額=1年間の支出×25年分

※年利4%の株式投資で運用を想定

 

 

【アーリーリタイア 失敗 】 事例から学ぼう

アーリーリタイアの失敗と成功については事例から学ぶとよいです。

先人の数々は失敗もしている人、成功している人たくさんいます。

別記事でブログの紹介をしていますので、そちらから実際にアーリーリタイアした人はどのような暮らしをしているか見てみるとよいでしょう。

また失敗した人には共通点があります。

具体的には以下の2つです。

この2点についてはリタイア前に確実に考えましょう。

・資金が足りていない

・リタイア後にやることが決まっていない。

 

アーリーリタイア 失敗】  デメリットから考えてみる

アーリーリタイアと聞けば、自由な時間が増えて最高と思う人が多いかと思います。

現実にはそうもいかないときもあります。

そこでアーリーリタイアのデメリットから考えてみます。

デメリット① 収入の安定性がない

デメリットの一つは収入の安定性がないことです。

アーリーリタイアは巨大な資金(3000万~2億)を4%ルールにのっとり微増してその分を使うというスタイルが多いかと思います。

仮に資金が5000万だと、平均して年収は200万になります。

生活コストが低い人からすると、十分かもしれませんが、バリバリのサラリーマンであれば、1000万かせいだかもしれません。

そう考えると、安定収入はなくなることになります。

対策としては、運用のうち多少不動産に回して家賃収入を得たり、たまに好きなパートの仕事をしてもいいかもしれませんね。

 

デメリット② 社会とのつながりが作りにくい
続いて社会とのつながりについてです。
サラリーマンであれば嫌でも会社の同僚や、上司とつながっており世間体もよいです。
そこから付き合いとして飲み会に行ったり、プライベートで遊んだりもするでしょう。
人間はなかなか孤独には耐えれない生き物です。
ないよりは、会社のつながりでもあった方がいいと感じます。
対策としては、趣味などのコミュニティを探してみたり、同じアーリーリタイアの人の仲間を探してみるのもいいでしょう。
王道としては結婚して子供を作り家族とのコミュニケーションをとることだと思っています。
家族
デメリット③ 生きがいをなくす
3つ目は生き甲斐についてです。
アーリーリタイア後には自分が何をしていいかわからなくなることがあります。
今まではサラリーマンとして働き、少なからず社会に必要とされていると感じることができたかもしれません。
早期リタイアをすると社会とのつながりはガクッと減ります。
自分で作りにいかないとできません。
自分がやりたいことや人生を通して達成したいことがないと、生き甲斐を感じられないかもしれません。
生き甲斐をなくし、病気になってしまう(認知症やストレス)パターンもあります。

 

【アーリーリタイア 失敗】  原因や理由はなにか

アーリーリタイアを失敗する人の原因や理由はずばり、計画をしていないことです。

だるワンコ
だるワンコ

計画はわかるけどさー、どうすればいいのさ

まさきち
まさきち

旅行に例えてみると分かりやすいよ

皆さんは旅行に行くときにどんな計画をたてますか?

 

ツアーで予約をする人もいれば、自分でプランを練る人もいますよね。

 

計画があるとこんな感じでしょうか。

予算は3万円
土日の2日間で箱根に行こう!
初日は、10時に新宿に集合して、ロマンスカーに乗って、お昼ごろに箱根に到着お昼ご飯は湯本周辺を散歩しながら良いお店を探してみよう
昼食後は強羅に電車で移動して箱根美術館と、近くの紅葉を見てみよう散策後ホテルにチェックインし、しばし休憩
温泉に入り、夕食をホテルで頂き次の日に備え就寝2日目はホテルで朝食を済ませます。
午前中はフォレストアドベンチャーで体を動かして、お昼はバーベキュー帰宅前に箱根湯寮に行きサウナと温泉で整います。
帰りは駅弁をロマンスカーで食べながら写真を見返し次の旅行の計画をたてます。

 

一方計画がないと、、

予算は特段決めておらず、素泊まりのプランで宿だけ予約
行きはロマンスカーが満席で鈍行で行くことに、、2時間立ちっぱなしで、到着は13時。
お昼は名物の湯葉丼を食べることに。
整理券をもらうが、なんと15時から。
あきらめて蕎麦屋さんで済ませる。気づいたらチェックインの時間なので、向かうことに。
思ったより宿が遠くタクシーで行くことに。近くに飲食店もないため、もう一度タクシーで戻り夕飯探し。
初日は食事を探すだけで終わったようにかんじました。2日目はチェックアウトぎりぎりの時間でホテルをでて、湯本についたころにはすでに11時のためお昼を食べながら午後に何をするか話し合う。時間もないため近くの日帰り温泉に入りまた鈍行で帰りました。

少し極端な例を出しましたが、リタイアも同じように計画をしないとんでもないことになります。
まずは、いくら必要かを計算するために、毎日どれくらいお金を使っているのかを知るところがスタートです。

そこから必要な資金を貯金していきます。

また、貯金しながらリタイア後の生活で何をするかを考えることも重要です。

 

【アーリーリタイア 失敗 】 成功するにはどうしたらいいか?

アーリーリタイアで成功するには失敗から学ぶことが大切です。

失敗例の一つ目としてお金が足りないパターンです。

お金が足りないというのはリタイア後の支出の計算をしていないか、予想外の項目が出てきてしまったパターンの二択です。

計算をしていないというのは論外ですがw、予想外の項目というのは時として発生します。

例を挙げると社会人時代には自分で払っておらず、リタイア後に驚く場合です。

税金系はよくあるパターンですね。

社会保険料・国民年金についてはいくらかかるのか確認しておきましょう。

もう一つの失敗例としては、リタイア後に暇すぎてつまらなかっという話です。

リタイア後ん生活に潤いを与える手段としては趣味やコミュニティ活動などでしょうか。

そもそも何かをやりたくてサラリーマンを辞めるという前提がない場合(辞めたいからやめる)はリタイア後に何をするかしっかりと考えるべきでしょう。

 

 

【アーリーリタイア 失敗】メリットや成功例

ではアーリーリタイアでの成功例として共通していることは何でしょうか。

少し皮肉がはいるのですが、アーリーリタイア後にセミリタイア(少し働く)という人が共通点です。

だるワンコ
だるワンコ

えー。結局働くのかよ~

まさきち
まさきち

そうだね

ただ今までのように平日9時~18時の拘束もなく自由に働く人が多いね

だるワンコ
だるワンコ

たしかにそれならいいかもしれないな

まさきち
まさきち

もう一つは夢を追い続けて、芸人を目指しつつお金の心配はないという生き方も成功しているね。

遊びや趣味が仕事にになるような働き方でセミリタイアをしている人が成功しています。

人間は孤独と退屈には耐えれないのですね。

好きなことを仕事にしたいと話す人がいますが、それを探す前にお金の面で自由になることが先決です。

もし20代、10代でこの記事を見ている人がいるならば、5年~10年は多少の我慢をして資金をためて、その後に好きなことをしていくのはどうでしょうか。

 

【アーリーリタイア 失敗 】 収入を増やす方法はなにか

アーリーリタイアの失敗として資金の足りなさについて言及しました。

では失敗しないために目標を立てたとして、それは途方もない金額かと思います。

だるワンコ
だるワンコ

3000万なんて貯められない!!

まさきち
まさきち

そうだね

すぐには難しいけれど、増やし方を間違えなければ10年以内に達成できるよ

だるワンコ
だるワンコ

10年としても毎年300万貯めなきゃいけないじゃん

そんな無理だよ

まさきち
まさきち

落ち着いて(笑)

まずはしっかりと固定を削減して節約すること

次にプチ副業をしていくこと

そして貯まった金はきちんと運用していくこと

サラリーマン+副業+運用という3つのモデルが最適です。

もちろん才能があれば、企業という選択肢もありますが、万人受けはしません。

運用は誰でも低リスクを狙って、長期で実践すれば着実に増えますし、副業も月5万円程度であればだれでも到達可能です。

また副業を始めると生活コストの一部も経費として算出できるため、稼ぐだけでなく税金も減ります。

※脱税はだめですよ。

また副業はリタイア後にも続けることができ、一つの安定材料になります。

やらない手はないですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました