コーヒー コスパ最強で健康によく飲む方法とは

お金

今回の記事ではコーヒーを最も健康的に飲めてかつ最も安い方法をご紹介します。

こちらの記事を読むことで節約しつつ大好きなコーヒーを健康的に飲む方法がわかります。

目次が下にありますのでお好きなところをどうぞ

動画も用意してます。

コーヒーを安く健康的に飲む方法

音声もありますのでよかったらどうぞ

 

コーヒーをコスパ最強で飲む方法

まず結論から書きます。

コーヒーは生豆から買います。

そしてそれを自家焙煎します。

そして焙煎したコーヒーをミルで砕き、抽出します。

このように生米からコーヒーを作るといっぱいあったり10円以下で作ることができます。

 

えー、焙煎はハードル高くないですか?

大丈夫です。

あくまで理想であって必ずしも焙煎が言い訳ではないので、その点も解説していきます。

 

 

コーヒ―を健康的かつ安く飲むにはなぜ生豆からが良いのか

私の中ではコーヒーを飲むには4つパターンからあると思います。

それはどこまで自分でやるかによって変わります。

極力自分でやり、上流過程から自分でやることで健康にこだわることで実現ができます。

??と思う人も多いと思うので説明していきます。

コーヒーを作るのは以下の工程があります。

①コーヒー豆を育てる

②収穫して生豆に加工

③生豆を焙煎

④焙煎した豆をミルで粉上にする

⑤抽出する

⑥コーヒーの完成

 

この①~⑥のどこから自分でやりますか?という話です。

現実にあるパターンをコストと健康観点から分析

あなたはコーヒ―をどのように飲んでいますか?

スターバックス?インスタントコーヒー?缶コーヒー?

様々ありますが、それぞれのパターンで分析してみました。

 

パターン1

缶コーヒーを買う場合1杯あたり120円ほどかかります。

そして缶コーヒーにもいくつか種類がありかとうなものを選ぶとそもそも健康面であまり良くないです。

コスト ★★

健康  ★

手間  ★★★★

おいしさ★★

パターン2

次に考えられるものはスターバックスやタリーズマクドナルドなど様々なお店で買うテイクアウトのコーヒーです。

 

この場合1杯あたり300円から500円程度が相場でしょうか。

 

健康面に関してはお店にもよりますが焙煎してすぐのものもしくはものであれば健康面は比較的問題ないかと思います。

気になる方は各コーヒーショップのコーヒーの管理の仕方を確認してみると良いでしょう。

コスト ★

健康  ★★

手間  ★★★★

おいしさ★★★★

パターン3

 

コーヒーをコーヒー屋さんで購入し自分で抽出します。

料金的には200グラムあたり1000円位の相場になるのでいっぱいの料金としては2 30円になります。

この場合コーヒー屋さんで15分でも問題ないですし。

 

しかしコーヒーの木の上にしてから日数が経っている場合はあまり良くないと思います。

コスト ★★★

健康  ★★★

手間  ★★★

おいしさ★★★★

パターン4

焙煎し終わった豆コーヒー屋さんで購入しミルで砕き抽出します。

金額的にはパターン3とほとんど変わりませんがコーヒーは鮮度が命のためメールで粉状にするのが健康的にも良いでしょう。

こちらのパターンだとコーヒーを粉状にする見るが必要になります。

コスト ★★★★

健康  ★★★★★

手間  ★★★

おいしさ★★★★

パターン5

今回お勧めする手法はこちらです。

コーヒー屋さんで購入し自宅で焙煎をし自宅で粉状にし抽出する方法です。

コーヒーの生豆は通販で1キロ当たり1000円程度で購入できます。

これを計算すると1杯辺5円以下で飲むことができます。

健康面に関しては浅入り中入り深入りなど様々な方法がありますが自分の好みにハウ焙煎方法ができますし少し難しいですがそれも1つの楽しみになります。

 

コスト ★★★★★

健康  ★★★★★

手間  ★★

おいしさ★★★★

コーヒーを健康的に楽しもう

いかがでしょうか。

本来の目的はコーヒーを健康的においしく飲むことです。

皆様にあった方法で実践してみるとよいでしょう。

皆様のコーヒーライフの一助になれば幸いです。

また別記事でコーヒーの焙煎についてもまとめていきます。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました